【簡単】TubeBuddy(チューブバディ)で伸びるタグを調べて活用する方法!

Tububuddy_タグ

Youtubeでタグやハッシュタグを設定する意味って何?

Tubebuddy(チューブバディ)でタグを上手く活用する方法について知りたい!

今回は、Youtubeにおけるタグやハッシュタグの重要性TubeBuddy(チューブバディ)でのタグの活用方法について徹底解説します。

Youtubeにおける動画の視聴回数や、登録チャンネル数を伸ばしたいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

結論
  • Youtubeのタグやハッシュタグには、関連動画に表示させたり、検索結果に上位表示させたりする効果がある
  • 人気な動画のタグやハッシュタグを真似して入力するのがおすすめ
  • Youtubeのポリシーを遵守しないと、タグやハッシュタグが無効となる可能性もある
  • TubeBuddyには「Insta-Suggest」「Tag Lists」「Tag Sorter」「Tag Rankings」というタグに関する便利な機能がある
  • TubeBuddyには無料プランがあるため、まずは気軽に始めてみよう!
TubeBuddy

-> TubeBuddy公式サイト

データを分析して確実に伸ばす! TubeBuddy(チューブバディ)
無料プランで今すぐ始める!
※ クーポンコード「BID25TUBEBUDDY」で永久20%OFF

YoutubeSEOにおけるタグ・ハッシュタグの重要性

自分のYouTube動画を検索結果や関連動画に、表示される回数が増加することで、視聴回数も増加し、収益化につながります。

表示回数を増やす対策の1つとして、タグやハッシュタグを活用することが挙げられます。

タグやハッシュタグのメリットは、下記のとおりです。

タグやハッシュタグのメリット
  • 自分の動画を関連動画に表示させやすくすることができる
  • YouTubeにおける検索結果で、自分の動画が上位に表示されやすくなることができる
  • ハッシュタグ検索によって、自分の動画を発見してもらいやすくすることができる

このように、Youtube動画の視聴回数を伸ばすために、タグやハッシュタグは重要といえます。

ただし、タグやハッシュタグに依存してしまい、動画の内容やサムネイル、SEO対策などを怠ってしまっては効果が低くなってしまいます。

TubeBuddy(チューブバディ)を使用すれば、タグやハッシュタグの対策に加えて、動画の再生回数やチャンネル登録者を伸ばすためにさまざまなことが可能です。

タグとハッシュタグとの違い

「タグ」と「ハッシュタグ」の違いについて気になる方も少なくないでしょう。

Youtubeにおける「タグ」とは、動画をアップロードするときに、動画に関連する単語やフレーズをYoutubeに対して知らせるために追加するもののことです。

タグは、一般的にユーザーからは見ることができません。

ただし、TubeBuddy(チューブバディ)を使用すれば、簡単に確認することができます。

一方、「ハッシュタグ」とは、Youtube動画のタイトルや概要に「#●●●」のように青色の文字で表示されているもののことです。

ハッシュタグをクリックすれば、同様のハッシュタグを付与している動画が表示され、自分のニーズにあう動画を簡単に検索できます。

タグをつけるときのポイント

タグの付け方は、ポイントを押さえることで、効果的に用いることができます。

タグの付与方法のポイントは、下記のとおりです。

タグを付与するポイント
  • 重要なキーワードを先に並べる
  • 抽象度の高いキーワードを入力する
  • タグに動画の具体的なキーワードを入れる
  • チャンネルの名前やIDを入力する
  • 人気な動画に付与されているタグを入力する

ここからは、各ポイントについて詳しく紹介します。

まず、Youtubeは検索順位を決定する際に、前半のタグを重視するため、メインとなるキーワードは先に入力するのが大切です。

次に、抽象度の高いキーワードを入力すれば、Youtubeのアルゴリズムにおいて、概要を把握できるようになり、検索に反映されやすくすることができます。

また、動画における具体的なキーワードも入力すれば、他の動画と差別化させることが可能です。

そして、チャンネルの名前やIDをタグに入力すると、関連動画に自分のアップロードした動画を表示させやすくすることができます。

最後に、人気の動画に付与されているタグを付与するのも大切です。

人気の動画は視聴回数が高いため、関連動画に表示させられれば、自分の動画の視聴回数を伸ばすことができます。

ただし、タグを確認する方法には、TubeBuddy(チューブバディ)を活用したり、工夫したりする必要があるため、後述します。

ハッシュタグをつけるときのポイント

タグだけではなく、ハッシュタグの付け方にもポイントがあるため、この機会にぜひ押さえておきましょう。

ハッシュタグの付与方法のポイントは、下記のとおりです。

ハッシュタグを付与するポイント
  • ニーズの高いキーワードを入力する
  • オリジナルのキーワードを入力する
  • 人気な動画に付与されているタグを入力する
  • 「#」は半角を使用する(全角だと認識されない)
  • スペースを空けない(「#●●● △△△」だと「△△△」の部分は反映されない)
  • 15個以上は付与しない(ハッシュタグが全て無効となってしまう)
  • YouTubeポリシーを遵守する

ニーズの高いキーワードは、検索ボリュームが大きいため、自分の動画を流入させられると、視聴回数の急激なアップが期待できます。

また、オリジナルのキーワードは競合が少ないため、そのキーワードで自分の動画を表示させやすくすることが可能です。

タグのときと同様で、人気な動画のハッシュタグを使用すると、自分の動画を発見してもらいやすくすることができます。

そして、必ずYouTubeのポリシーは遵守するようにしましょう。

Youtubeのポリシー違反となる可能性のあるフレーズ
  • 誤解を抱かせる内容
  • 他人に対する嫌がらせの内容
  • 性的なコンテンツ
  • Youtubeが認定した不適切な言葉

など

ポリシーに違反すると、ハッシュタグをYoutubeで使用できなくなる可能性があるため、上記のことに関して気をつけるようにしましょう。

TubeBuddy(チューブバディ)を使って効果的なタグをつける方法

タグやハッシュタグは、自分の動画の再生回数を伸ばすために重要であることは理解できたでしょうか。

ここでは、TubeBuddy(チューブバディ)を使用して、効果的なタグをつける方法について詳しく紹介します。

【2023年最新】TubeBuddyの使い方ガイド【日本語】

2023年1月17日

Insta-Suggest

「Insta-Suggest」の機能を使用すれば、動画にタグを追加するときに、リアルタイムでおすすめのタグを表示してもらうことができます。

使い方は、下記のとおりです。

1. Youtubeのコンテンツで「詳細」ボタンを選択する

2. タグが出力されるまでスクロールして、タグを入力しようとすると、おすすめのタグを提案してもらえる

ただし、無料プランでは制限があるため、注意が必要です。

Tag Lists

「Tag Lists」の機能を使用すれば、一定のタグを一覧として保存することができます。

例えば、よく使用するタグを保存しておけば、必要なときにコピーして貼り付けるだけで、簡単にタグを追加することが可能です。

使い方は、下記のとおりです。

1. Youtubeのコンテンツで「fb」ボタンを選択し、「Tag Lists」をクリック

2. 「Add list」で新規リストを追加、「Add Tag to List」でタグをリストに追加

Add_List

3. タグを動画に追加したい場合は、「Action」をクリックして操作

Action

ただし、無料プランでは制限があるため、注意が必要です。

Tag Sorter

YouTubeのデフォルトの機能では、タグの順序の入れ替えを行うことができません。

一方、TubeBuddy(チューブバディ)の「Tag Sorter」の機能を使用すれば、簡単にタグの順序の入れ替えを行うことが可能です。

使い方は、下記のとおりです。

1. Youtubeのコンテンツで「詳細」ボタンを選択する

2. タグが出力されるまでスクロールし、「SORT」をクリック

3. タグのランキング順に自動で並べ替えたい場合は、「AUTO-SORT BY RANK」をクリック

4. 最後に「APPLY&CLOSE」をクリックすると、タグの順番が反映される

Tag Rankings

「Tag Rankings」の機能を使用すれば、タグをキーワードとしてYouTube検索を行ったときの、動画の順位を把握することができます。

使い方は、下記のとおりです。

1. Youtubeで自身の動画もしくは、競合の動画を検索

2. 「Show Search Rankings」のボタンをクリックすると、タグの順位が表示される

 

TubeBuddy(チューブバディ)を使わないでタグを見る方法

TubeBuddy(チューブバディ)を使用しなくても、タグを把握する方法はあります。

まずは、タグを知りたいYouTube動画のページに移動します。

次は「Ctr+U」のショートカットキーを活用し、ページのソースコードを新しいタブで表示させましょう。

ソースコード

そして「CTR+F」のショートカットキーで、「keywords」と検索すると、タグを確認することが可能です。

タグ検索

なお、MacOSの場合は、ショートカットキーが異なるかもしれませんが、流れは変わりません。

このように、TubeBuddy(チューブバディ)を使用しなくても、タグを把握できますが、手間がかかります。

TubeBuddy(チューブバディ)を使用すれば、競合のページに移動するだけで、簡単にタグを見つけることが可能です。

【まとめ】TubeBuddy(チューブバディ)を使ってYouTubeを効果的に運用しよう!

TubeBuddy

今回は、Youtubeにおけるタグやハッシュタグの重要性、TubeBuddy(チューブバディ)を使用した効果的なタグの運用方法について紹介しました。

タグやハッシュタグは、動画の視聴回数やチャンネル登録者数を伸ばすために、重要なツールです。

この記事のポイント
  • タグやハッシュタグには、自分の動画を発見してもらいやすくする効果がある
  • タグやハッシュタグを設定する際は、抽象的なワードと具体的なワードを入力するのがおすすめ
  • Youtubeのポリシーには必ず遵守しよう
  • TubeBuddyには「Insta-Suggest」「Tag Lists」「Tag Sorter」「Tag Rankings」というタグに関する便利な機能がある
  • TubeBuddyを使用すれば、競合の動画ページに移動するだけで、タグを確認できる

TubeBuddy(チューブバディ)には、無料プランがあるため、まずは気軽に始めてみましょう。

-> TubeBuddy公式サイト

TubeBuddy(チューブバディ)
無料プランで今すぐ始める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です