最適な時間帯でYoutubeの動画をTubeBuddyから投稿する方法!【Best Time to Publish】

「Youtubeの動画をどの時間に投稿するのがベストかを知りたい!」

TubeBuddyのBest Time to Publish機能が気になる!」

おそらく動画投稿の時間帯で再生回数が変わると思って、この記事を読まれる方が多いでしょう。

この記事では、動画投稿を行う時間帯を考える理由やTubeBuddyを使って最適な時間帯を知る方法などを解説します。

結論
  • 動画投稿を行う時間を最適化すると、再生回数やチャンネル登録者数の上昇に繋がる
  • 動画の投稿時間は視聴者の属性に合わせて設定する
  • 視聴者層がピークになる時に動画を投稿するのではなくて、その1〜2時間前に公開する
  • データが集まらないうちは、TubeBuddyが推奨してくれる時間帯に動画を投稿するのがオススメ
  • TubeBuddyのBest Time To Publish機能を使って、より効果的な時間に動画を投稿しよう
TubeBuddy

-> TubeBuddy公式サイト

データを分析して確実に伸ばす! TubeBuddy(チューブバディ)
無料プランで今すぐ始める!
※ クーポンコード「BID25TUBEBUDDY」で永久20%OFF

【考察】YouTubeの動画には最適な投稿時間がある!

YouTube動画には最適な動画投稿時間があり、その時間に投稿すると以下のメリットがあります。

最適な時間に投稿するメリット
  • 再生回数が上がる
  • 急上昇ランキングに載りやすくなる
  • チャンネル登録者数が増加する

これらのことから視聴者が活発な時間帯を狙って投稿するのがオススメです。

動画を投稿する時間を分析する機能があることから、TubeBuddyは投稿する時間が重要と認識していると言えます。

また、TubeBuddyがその機能が必要な理由をこう述べています。

Help drive initial view velocity uploads

Quickly identify when your audience is most active

See when the best time to live stream is

引用:Features | TubeBuddy

日本語訳

アップロード時の視聴数の増加を促進

視聴者が最も活動的な時間帯を素早く特定

ライブ配信に最適な時間帯を把握

このため、動画投稿に最適な時間帯を見つけることが重要です。

最適な時間にYouTubeの動画を投稿すべき理由

動画投稿を行う最適な時間帯がある

先ほど最適な時間に動画投稿するメリットを解説しました。

では、なぜ以下のようなメリットがあるのかと思われる方がいるので詳しく解説していきます。

  • 再生回数が上がる
  • 急上昇ランキングに載りやすくなる
  • チャンネル登録者数が増加する

まずは、再生回数が上がる理由を解説します。

視聴者の層に合わせた時間帯に動画を投稿すると、視聴される確率が上がるからです。

例えば「社会人向け」「小中学生向け」の動画があるとしましょう。

社会人は19〜20時くらいになると家でゆっくりする方が多いため、YouTubeで動画を視聴する方が多く、視聴する方が増えます。

一方、小中学生なら学校が終わり、16〜17時には家で過ごしYouTubeを利用する方が多いです。

このときに動画を投稿すれば、視聴される確率が高まるでしょう。

そのため、視聴者の属性に合わせて動画を投稿すると、視聴される確率が大きくなり再生回数が増えやすいです。

 

次に急上昇ランキングに載りやすくなる理由について解説します。

YouTubeのヘルプページにランキングに掲載される指標として以下の記述があります。

視聴回数

動画の視聴回数の伸びの速さ(現在話題になっているか)

視聴された地域(YouTube以外のソースを含む)

動画の新しさ

同じチャンネルから最近アップロードされた他の動画と比べたパフォーマンス

引用:YouTube の急上昇動画 – YouTube ヘルプ

動画投稿の時間帯に関係あるのは「視聴回数」と「動画の視聴回数の伸びの速さ」の2つです。

時間帯を考慮して動画を投稿すれば2つの指標を満たしやすくなり、急上昇ランキングに掲載される確率が上がるでしょう。

最後に、チャンネル登録者数が増加する理由について解説します。

いつも同じ時間に動画を投稿すると、視聴者は動画投稿の時間を予想しやすくなります。

予定が立てやすく、動画を見る習慣がつくので、視聴者にも優しいです。

有益な時間になるだけでなく、視聴者の予定のことも考慮されているのでチャンネル登録をしようと思えるようになります。

投稿時間は「視聴者層」を考えるべき

視聴者に合わせて投稿時間を設定しよう

ここまで読んできた方なら理解できると思いますが、視聴者に合わせた行動を取らなければ再生回数や登録者数も増えにくいです。

そのため、動画の視聴者の層を正しく知り、投稿時間を決める必要があります。

TubeBuddyを利用すれば通常では見れないデータを取得し、動画を改善しやすいです。

このような動画分析機能は有料のものもありますが、最適な時間にSEO対策が施された動画が投稿できるので本気でチャンネルを成長させたい方にオススメです。

視聴者ピーク時の1-2時間前が最適

ピーク時の1~2時間前までには公開する

動画を投稿する時間は視聴者ピーク時の1〜2時間前が最適です。

なぜなら、ピークの時に投稿した場合、少し時間が経過すると視聴する人数が減っていくからです。

そろそろYouTubeを見るのをやめようと思う方が多く、再生されにくくなります。

ですので、ピークになる前の1〜2時間前までには投稿しておきましょう。

視聴者の人数が増える時間帯は午後5時から午後9時です。

この時間帯は学校や会社から帰宅して家でゆっくりする方が多い時間帯となっています。

ピークは午後9時ですので、遅くても午後7〜8時までには動画を公開しましょう。

TubeBuddy(チューブバディ)が推奨するYouTube投稿時間

オススメの投稿時間を曜日ごとに紹介

ちなみにTubeBuddyが推奨している時間帯がありますので、自分に合った投稿時間がわからない方はぜひ参考にしてください。

以下の表に曜日とオススメの投稿時間をまとめました。

曜日動画公開に最適な時間帯
月曜日14時〜16時
火曜日14時〜16時
水曜日14時〜16時および17時〜21時
木曜日12時〜15時
金曜日12時〜15時および17時〜21時
土曜日9時〜11時および17時〜21時
日曜日8時〜11時および17時〜21時

この中でも水曜・金曜・土曜・日曜の14時〜16時が最も効果が高いと言われています。

紹介した時間帯はアメリカ東部標準時を基準にした投稿時間ですが、他の地域でも一定の効果があるので、ぜひ参考にしてみてください。

ただし、チャンネルや動画ジャンルによって最適な時間帯が異なります。

ですので、データが集まるまでは上記の時間帯に投稿し、最適な投稿時間が判明したらその時間帯に投稿するのをオススメします。

-> TubeBuddy公式サイト

TubeBuddy(チューブバディ)
無料プランで今すぐ始める!

TubeBuddy(チューブバディ)を使ってYouTube動画の最適な投稿時間(公開時間)を知る方法

YouTubeの動画投稿には時間帯が大切であることが理解できたと思います。

TubeBuddyを使ってどうやってその時間帯が特定できるのかという疑問があると思うので、手順ごとに解説します。

最適な時間帯に動画投稿する方法
  • 手順1:複数の動画を数週間アップロードする
  • 手順2:TubeBuddyの「Best Time to Publish」を確認する

それぞれ見ていきましょう。

【2022年最新】TubeBuddyの使い方ガイド【日本語】

2022年10月9日

手順1:複数の動画を数週間アップロードする

データを得るために動画を公開しよう

最適な投稿時間を知るためには、いくつかの動画と数週間の時間が必要です。

なぜなら、TubeBuddyは過去のデータから適切な投稿時間を分析するのでデータがなければ分析結果を出せないからです。

1日あたりの視聴回数が100回以上になるまで動画を投稿すれば十分なデータを得やすくなります。

正確なデータを得るまでは先程解説した投稿時間に動画を投稿しましょう。

手順2:TubeBuddy(チューブバディ)の「Best Time to Publish」を確認する

Best Time to Publishを確認しよう

手順1が終わったら、分析結果を確認しにいきましょう。

まずは、あなたのYouTubeチャンネルにアクセスしてください。

アクセス後、上部にあるTubeBuddyのアイコンをクリックして「Best Time to Publish」を選択してください。

クリックした後、チャンネルアナリティクスの画面に移動します。

その画面に「視聴者がYouTubeにアクセスしている時間帯」があるのでデータを確認できます。

表示されない場合は、手順1が完了していないので動画を投稿してください。

Tips:「Best Time to Publish」の計算式を解説

ここで、どのような計算で「Recommendations」を表示しているかを簡単に解説します。

TubeBuddyが示した時間は以下に基づいています。

  • 動画が公開されて1時間が最も重要で、その次は2時間目、3時間目と続く
  • YouTubeが示した視聴者の数など

薄い紫から濃い紫の部分は視聴者の数が増加している時間帯なので視聴される確率が高いです。

そのため、視聴者が多いことを示している最も濃い紫の時間の少し前の時間が表示されています。

-> TubeBuddy公式サイト

TubeBuddy(チューブバディ)
無料プランで今すぐ始める!

TubeBuddy(チューブバディ)を使わずに最適な時間に動画投稿するためにできること

先ほどはTubeBuddyを使って最適な時間帯を特定する方法を解説しました。

しかし、TubeBuddyを利用しなくても特定する方法があります。

以下の順番で進めていけばその時間帯に動画を投稿できます。

最適な時間帯に動画投稿する方法
  1. YouTubeアナリティクスを活用する
  2. YouTubeスタジオで予約投稿する

YouTubeアナリティクスを活用する

YouTubeアナリティクスでも視聴者についての詳細を知ることができます。

アナリティクスは無料で利用できるので、操作や表示など問題がなければ使い続けると良いでしょう。

YouTubeアナリティクスで視聴者層を知るには以下の操作を行ってください。

まずは、YouTubeのホーム画面にある「YouTube Studio」を選択して、左のメニューにある「アナリティクス」もしくは「チャンネルのアナリティクスに移動」をクリックしましょう。

以下の画面が表示され、「視聴者がYouTubeにアクセスしている時間帯」が表示されます。

ここで視聴者がどの時間帯でアクティブになっているかが分かります。

YouTubeスタジオで予約投稿する

YouTubeスタジオで予約投稿も行えます。

予約投稿機能を利用すれば、視聴者の活動時間に合わせた時間に投稿可能です。

予約投稿を行うには以下の操作を行ってください。

公開設定を行う画面で「スケジュールを設定」を選択すると以下の画面になります。

ここで投稿したい日時を設定すればアップロードと公開設定は完了です。

【まとめ】TubeBuddy(チューブバディ)を使って最適な時間に動画を投稿しよう!

TubeBuddy

ここまでYouTubeの動画投稿時間の最適化をする理由とTubeBuddyを利用して時間帯を特定する方法などを解説しました。

最後におさらいとして、解説してきた内容を以下にまとめます。

この記事のまとめ
  • 動画投稿を行う時間を最適化すると、再生回数やチャンネル登録者数の上昇に繋がる
  • 投稿時間は視聴者の属性に合わせて設定する
  • 視聴者層がピークになる時に動画を投稿するのではなくて、その1〜2時間前に公開する
  • データが集まらないうちは、TubeBuddyがオススメしている時間帯に動画を投稿するのがオススメ
  • TubeBuddyを使わなくても最適な時間を調べられますが、利用した方がより詳細なデータが得られる

最適な時間を把握し、動画投稿を行えば再生回数を伸ばし、チャンネルの成長に繋がります。

TubeBuddyは最適な時間に投稿できる機能があり、チャンネルの成長に貢献するでしょう。

ちなみにTubeBuddyは14日間の無料トライアルを行ってます。

利用しようかどうか迷っている方は一度利用してみて、良いと思ったら登録する流れがオススメです。

-> TubeBuddy公式サイト

TubeBuddy(チューブバディ)
無料プランで今すぐ始める!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です