【価格】Instapage(インスタページ)の料金体系を解説!プランごとの違いや無料で利用できる?

「Instapageに興味があるけど、料金について詳しく知りたい」

「各プランにはどんな機能があるか詳しく知りたい」

という疑問を抱えている方の悩みを解決できる記事になっています。

Instapageを利用すれば、LPの制作から運用まで簡単に行えるため、ユーザーを効率よく集客してサービスを知ってもらうと、あなたのビジネスを成功させられるでしょう。

この記事を読むと、Instapageのプランや料金を理解してビジネスや予算に合っているかを検討できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

結論
  • Instapageには「Building」と「Converting」の2つのプランがある
  • 「Building」プランは月契約で月額$299で、年契約にすると月額$199になる
  • 「Converting」プランは希望の機能によって価格が変動するプラン(目安月額$599~)
  • 両者のプランの違いは、ユニークユーザー数の上限やヒートマップ機能、SSOなどの有無
  • 普通にLP作成機能を使うのであれば、最初は「Building」プランで契約するのがおすすめ
  • 「Building」プランは無料トライアルが14日間あり、実際に使ってから本格的に利用するか決めよう!
Instapageの公式トップページ

Instapage公式サイト

Instapage(インスタページ)
14日間無料トライアルで始める

Instapage(インスタページ)の特徴

Instapageの公式トップページ

Instapageは、Webデザインやコーディングスキルがない方でもLPを簡単に作れるサービスです。

それだけではなく、LPの運用・改善も可能で、訪問者数やCVR(コンバージョン率)を伸ばすことも可能。

ですので、飲食店経営やWebマーケターなどの個人事業主や法人が利用するのにおすすめのサービスです。

Instapageの運営会社は以下のようになっています。

会社概要
会社名Instapage
業種インターネット
会社規模201~250名
本社アメリカ, カルフォルニア州 サンフランシスコ
種類非上場企業
創立2012年
専門分野コンバージョン率の最適化、広告コンバージョン、パーソナライズ、SaaS、Martech
ウェブサイトhttps://instapage.com/

上記の通り、Instapageはアメリカの企業です。

そのため国内では馴染みのないサービスですが、海外では利用者が多いです。

Instapageについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。

【評判】Instapage(インスタページ)とは?導入のメリットや口コミを全解説!

2021年12月20日

サービス内容や評判、他サービスとの比較も解説されているので、理解がグッと深まります。

Instapage(インスタページ)の料金プラン

Instapageの料金

Instapageの料金プランは「Building」と「Converting」の2つです。

各プランの料金は以下の表の通りです。

プラン1ヶ月の料金(月額)1ヶ月の料金(年額)
Building$299(約32,000円)$199(約21,000円)
Convertingcustom(最低でも$599~で日本円で約68,000円)custom(最低でも$599~で日本円で約68,000円)

Instapageは少し高いと思われるかもしれませんが、それに見合った機能を用意しています。(後述)

14日以内は無料トライアル期間なので、無料で使えます。

ただし、無料トライアルで利用できるプランはBuildingプランなので注意してください。

両方のプランで共通している主な機能は以下の通りです。

共通している機能
  • コンバージョンの制限
  • デザインレビュー
  • A/Bテスト
  • AMPページとエクスペリエンス
  • コンバージョン分析など

この記事では5つの共通機能を挙げましたが、他にも業界で最速の読み込み速度やSSL暗号化などユーザーが安心して閲覧できる機能が搭載されています。

A/Bテストとは

AデザインのサイトとBデザインのサイトをどちらも運用し、よりCVRなどが高いサイトを調査する手法のこと。

例えば、画像の大きさや色、テキストをどのように改善していけば良いのかが判明します。

その結果、実際のユーザーの反応を記録するので、A/BテストはCV率(コンバージョン率)の改善に参考になります

AMPページとエクスペリエンスとは

AMP(アンプ)とは、Accelerated Mobile Pageの略で、Webサイトを瞬時に読み込む手法のこと。この機能はブラウザの使い勝手が良くなり、ユーザーが離脱しなくなるようにする機能です。

普段スマートフォンでWebサイトを見ているものの、読み込みが遅いと読むのを諦めてしまうことがあるのではないでしょうか。

そのような機会損失をなるべく無くすために、そのような機能がついています。

プランごとの機能の違いは?

各プランの機能の違いって何?

今度は2つのプランに搭載されている機能の違いを見ていきましょう。

機能BuildingConverting
デザインレビュー
A/Bテスト
コンバージョン分析
月間ユニークユーザーの上限30,000人100,000人
ヒートマップ×
カスタムフォント×
SSO(シングルサインオン)×
カスタム機能の実装×
デザインサービス×

聞いたことがない機能があると思いますので、少し解説します。

SSO(シングルサインオン)とは

「Single(シングル)」と「Sign-On(サインオン)」を組み合わせた造語で、システム利用の際に1度ログインすると、連携された複数のシステムにアクセスする際にログインが必要なくなる仕組みのこと。

つまり、Aサービスにログインしたユーザーは、BサービスやCサービスをログイン作業なしで利用できるようになります。

また、注目の機能は「ヒートマップ」です。

ヒートマップは、LP内のマウスの動きを可視化する機能です。

実は、人間の目とマウスの動きは80%以上の相関関係が認められています。

ですので、マウスの動きからユーザーはどの部分に注目しているかを確認できます。

この機能はConvertingプランで使えるようになるので、ヒートマップを使ってより良いLPを作りたい方はConvertingプランを検討しましょう。

結論:最初は「Building」プラン一択

初めての方はBuildingで決まり!

最初は「Building」プランで登録しましょう。

なぜなら、多くの機能が利用できる「Converting」プランは最初から使いこなせないし、コスパが悪いからです。

多機能すぎると、何を使えば良いのか迷います。

サービスを使いこなそうとして、多くの時間を失うでしょう。

また、UU数(ユニークユーザー数)の上限がありすぎるので、余計に料金を支払ってます。

この2つのことを勘案しても、コスパが悪いと言わざるを得ないでしょう。

そのため、まずは「Building」プランでLPを作成・運用し、上限に近づいたらプランを変更するのをおすすめします。

Instapage公式サイト

Instapage(インスタページ)
14日間無料トライアルで始める

Instapage(インスタページ)の無料トライアルの注意点

注意することが2つあるよ

Instapageは無料トライアルがありますが、注意点が2つあります。

無料トライアルの注意点
  • 14日経過すると有料になる
  • UU数(ユニークユーザー数)が2,500以上になると有料になる

特に気をつけて欲しいのが1つ目です。

無料で試してみようと思って、契約の解除を忘れると課金が開始されるのでお金がかかります。

そのため、Instapageは自分に合わないと思った段階で解除しましょう。

次は2つ目の説明をしますが、その前にUU数とは何かを知らない方がいると思いますので少し解説します。

UU数とは

ユニークユーザー数の略で、特定の期間中にWebサイトに訪問した人数のこと。期間中の同じユーザーは1UUとして数えられるので、重複はありません。

ビジネスを始めたばかりの方が14日以内にUU数が2,500を超えることはないので、こちらの制限はあまり関係ないです。

しかしある程度集客力のある方が利用すると、2,500を超えることも考えられるので、その場合は注意しましょう。

無料で始めるつもりが、お金を取られることもあるので注意してください。

補足: UU(ユニークユーザー)の上限を超えた場合どうなる?

Instapage(インスタページ)を契約する価値はある?

Instapageは豊富なテンプレートやLP作成後の運用など様々な機能が揃っています。

外注の費用や自分でLP作成・運用の手間を考えると、契約する価値はあると言っても良いでしょう。

そこでメリットとデメリットを紹介し、Instapageを契約する価値があるのかを深掘りしていきます。

A/Bテストが簡単にできる

A/Bテストを使えば最高のLPを作れるよ!

InstapageはA/Bテストができるページも用意されています。

Instapageを利用せずLPを自分で作る場合は、A/Bテストのツールを自分で選択しなければなりません。

知識がないと、どれにするか迷う方が多いでしょう。

しかし、Instapageは管理画面が用意されており、CVR(コンバージョン率)が何%かすぐに分かります。

初心者でも扱いやすいので、安心して利用できます。

管理画面が日本語に対応していない

管理画面が日本語でなくても十分使える

Instapageは日本語に対応していませんが、問題なく扱えます。

シンプルな作りになっており、Google Chromeの翻訳機能を利用すれば日本語サイトと同様に利用できるでしょう。

しかし、それでも不安な方がいると思われるので、使い方を具体的に解説した記事を用意しました。

Instapage使い方

【保存版】Instapage(インスタページ)の使い方を日本語で全解説!

2022年2月22日

この記事を開きながら操作すれば、安心して利用できるようになります。

【Q&A】Instapage(インスタページ)の料金について

Instapageを利用したいと思ったけど、疑問がいくつかある方もいるでしょう。

そこで、疑問に思いそうな質問を想定しましたので、それに回答していきます。

UU(ユニークユーザー)の上限を超えた場合どうなる?

制限を超えたら非公開になるから注意!

結論から言うと、超えた場合は次の月までLPは非公開になります。

例えば1月20日にUU数が30,000を超えると、1月末まで非公開です。

月間UU数が30,000を超えているもしくは超えそうな方は、元が取れるレベルなのでConvertingプランに切り替えましょう。

無料トライアル中に解約はできますか?→可能

無料期間中に契約解除すれば料金はかからないよ

無料トライアル中に解約すれば、料金はかかりません。

注意点の部分で解説しましたが、無料で使うつもりが契約解除を忘れて料金を支払う方がいます。

そのようなことがないように、合わないと思った段階で解除すると忘れずに済みます。

【まとめ】Instapage(インスタページ)の無料トライアルを使って色々触ってみよう!

Instapageの公式トップページ

ここまで、Instapageの料金や契約する価値について解説してきました。

この記事のまとめ
  • Buildingプランは月契約で月額$299(約32,000円)で、年契約が月額$199(約21,000円)
  • Convertingプランは希望の機能によって価格が変動するが、最低でも月額$599(約68,000円)からになる
  • 初めて使う人は、最初はBuildingプランで契約するのがおすすめ
  • 無料トライアルが14日間あり、実際に使ってから本格的に利用するかを決めよう!

Instapageはこれからビジネスを始めたい方やWebマーケティングを勉強したい方におすすめのサービスです。

魅力的なサービスを提供していると理解できたと思いますが、それがあなたに合ったサービスとは限りません。

14日間無料でサービスを利用できるので、一度利用してから本格的に導入するのかを決めるのがおすすめです。

合わないと思った方は14日以内に契約を解除すれば、お金は一切かからないので、ぜひ試してみましょう!

Instapage公式サイト

Instapage(インスタページ)
14日間無料トライアルで始める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です