【一択】日本のプロキシサーバーでおすすめは?選び方を解説!

「日本で利用できるプロキシサーバーについて知りたい!」

「早くて安全なプロキシサーバーを選ぶための条件は?」

日本で使えるプロキシは無数にありますが、中には利用が危険なものも存在します。

この記事では、実際にプロキシを使ってきた筆者が安全なプロキシサーバーを選ぶ基準やオススメのプロキシサーバーを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

結論
  • 日本で使えるプロキシサーバーは無料と有料(Bright Data、Smartproxyなど)のものが存在する
  • 無料プロキシサーバーはセキュリティが低かったり、個人情報を悪用される危険性がある
  • 安全なプロキシサーバーを利用するには、有人監視やユーザーの審査があるサービスを選ぶのがオススメ
  • 有料プロキシサーバーの中には、日本人スタッフが常駐しているものがあり、いざという時に心強い
  • 日本人にオススメなのはBright Data(ブライトデータ)で、日本人担当者がつき、ニーズに合ったプランを選択できるため、利用を検討してみよう!
Bright Data
Bright Data公式サイト

※ 無料トライアルで試す

【重要】注意点
日本語が話せる日本人の担当者に確実につながるのはこのサイト経由の方のみです。それ以外は保証できませんのでご注意ください。

また担当者の方のご厚意で、無料トライアルで使える$50の入金ボーナスを用意してもらってるので、ぜひ使ってくださいね。

日本で使えるプロキシサーバーについて

プロキシサーバーとは、インターネットへのアクセスを代理で行うサーバーのことです。

通常、パソコンやモバイルなどのブラウザが直接Webサイトにアクセスします。

しかしプロキシサーバーを利用すると、プロキシサーバーが代わりにWebサイトにアクセスしてデータを受け取り、端末のブラウザに送信されます。

これにより、Webサイトの運営者がアクセス元の端末を特定することができません。

端末を特定できなければ、追跡を行えないので結果的にセキュリティの向上に繋がります。

プロキシサーバーを使うメリット

セキュリティやデータの取得速度が向上する

プロキシサーバーを利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

以下のメリットを詳しく解説していきます。

  • 個人のIPアドレスをアクセス先に残さない
  • データ取得の高速化
  • プロキシサーバーにログが残る

1つ目のメリットについて解説します。

先ほども解説した通り、プロキシサーバーを利用しない場合は端末から直接サイトにアクセスするので、IPアドレスがそのサイトに残ってしまいます。

しかし、プロキシサーバーを経由すると代わりにプロキシサーバーが目的のサイトにアクセスしてデータを取得するので、個人のIPアドレスが記録されません。

プロキシサーバーのIPアドレスがWebサイトに残されるので、IPアドレスが特定されず、匿名性を保てます。

そのため、個人のIPアドレスはアクセス先に記録されないようになっています。

2つ目のメリットは、データ取得の高速化です。

プロキシサーバーを利用すると、アクセスしたことがあるサイトのデータがキャッシュとして保存されます。

保存されたWebサイトのリクエストがあると、プロキシサーバーがそのデータを送信すれば端末のブラウザがデータを受け取り、画面に表示されます。

インターネット上にある目的のサイトを探しに行かなくても良くなるので、ユーザーに素早く情報を表示することが可能です。

最後は、プロキシサーバーにログが残る点です。

どの端末からどのサイトにアクセスしたのかを記録することができます。

そのため、会社の社員が業務に関係ないサイトを閲覧したかをチェックすることも可能です。

また、どこからアクセスを試みられているかを記録することもでき、サイバー攻撃された時も被害状況やどの端末からアクセスされているかが分かります。

補足:無料のプロキシサーバーを使う危険性

HTTP通信や不適切な広告に誘導される危険性

プロキシサーバーには有料・無料のものがありますが、安全に利用したい方は有料のプロキシサーバーをオススメします。

なぜなら、無料のプロキシサーバーを利用すると、以下の危険性があるからです。

  • 通信内容が暗号化されない
  • 不正サイトに誘導される
  • 個人情報の悪用される
  • サービスが突然終了する
  • マルウェアに感染する

通信内容が保護されないだけではなく、情報の売買などが行われるかもしれません。

その理由は無料プロキシサーバーを運営しても利益がないので、広告に誘導したりデータを売買して運営費を稼ぐ業者がいるからです。

ですので、プロキシサーバーを利用してビジネスを行うことを考えている方は、有料で信頼できるプロキシサーバーを利用しましょう。

ちなみに、5つの危険性について詳しく解説した記事を用意しました。

無料プロキシサーバーを利用するリスクを深く知ることができるので、参考にしてみてください。

【必読】無料プロキシサーバーのおすすめ7選|速度や危険性は?

2022年10月26日

安全なプロキシサーバーを選ぶためのオススメ条件5つ

プロキシサーバーを利用したいけど、どのようなサービスなら良いのだろうかと思われるでしょう。

そこで、安全なプロキシサーバーを選ぶための条件を解説します。

プロキシサーバーを選ぶ条件
  • 有人監視でセキュリティ対策できているか
  • ユーザー審査があるかを確認
  • 日本語対応しているサービスかを確認
  • 冗長化を行っているかを確認
  • ログ管理が徹底されているのかを確認

有人監視でセキュリティ対策OK

有人監視によりセキュリティがさらに強固に

ソフトやシステムだけでセキュリティ対策を行うプロキシサーバーもありますが、それだけでは完全なセキュリティとは言えません。

ですので、人の目で確認することも重要です。

不正アクセスの中には、ソフトやシステムで構築したセキュリティの穴をついたものもあります。

プロキシサーバー内にあるデータは情報のお宝です。

セキュリティが突破されると情報が流出してしまい、信用できないサービスになるでしょう。

そのようなことがないように、内外から常に監視をして、サービスを安定して提供しています。

ユーザー審査ありでサーバー安全

新規ユーザーの審査があるのでより安全になる

有料プロキシサーバーの中には、新規ユーザーを審査しているところもあります。

なぜ行うかというと、加入前に悪意あるユーザーを排除すればサービスのセキュリティが高まるからです。

ユーザーの審査には、会社のサイトや事業内容の説明を求めることがあり、本当にビジネスが行われているか調査されます。

中には面倒と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、このような審査があるからこそサービスの安全が保たれています。

日本語対応の安心サービス

日本語が話せるスタッフがいると安心!

有料プロキシサーバーの中には、日本人専門スタッフが常駐しているところもあります。

問題が起こったときに対応してくれるので、海外サービスを利用するのが不安な方でも安心です。

もし日本語が話せるスタッフがいないと、英語で質問するしかなくなるのでコミュニケーションの齟齬が発生しやすいです。

そうなると、問題がなかなか解決できずに業務が円滑に進まなくなるでしょう。

日本語が話せる専門スタッフがいれば問題が解決しやすいので、安心です。

冗長化を行っているかを確認

冗長化

プロキシサーバーが停止してしまうと、通信が途切れてしまい、快適にサービスを使用できない可能性があります。

そのため、プロキシサーバーにトラブルがあったときでも、すぐに復旧できるようにサーバーの冗長化を行っているかを確認することが大切です。

なお、冗長化する方法には、ロードバランサを使用する方法や、冗長化ソフトウェアを使用する方法などが挙げられます。

ログ管理が徹底されているのかを確認

ログ管理

プロキシサーバーを経由してアクセスする場合、サーバー側のログには、プロキシサーバーのアドレスが接続元として記録されるため、本来のクライアントの情報は記録されません。

そのため、ログ管理を行いたい場合には、プロキシでログを記録する、もしくは他の方法を考えなければなりません。

ただし、ログ管理が徹底されていないと、個人情報が漏洩する可能性もあるため、注意が必要です。

【日本向け】有料プロキシサーバーは「Bright Data」がオススメ

Bright Data

良いプロキシサーバーの選び方は理解できたけど、どんなサービスがあるのかを具体的に知りたいと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですので、1つオススメのサービスを紹介します。

Bright Dataという海外のサービスで、優れた点が3つあります。

Bright Dataの優れた点
  • 手厚いセキュリティで安心
  • ニーズに合わせて価格プランが選べる
  • ボーナス・長期契約でお得に使える

これらについて詳しく解説していきます。

Bright Data(旧Luminati)の使い方を日本語で解説【2022年最新】

2022年10月23日

手厚いセキュリティで安心

セキュリティが強く信用できるサービス

Bright Dataはセキュリティが強いので安心して利用できます。

なぜなら、先ほど解説した「安全なプロキシサーバーを選ぶためのオススメ条件3つ」を全て満たしているからです。

オススメ条件
  • 有人監視でセキュリティ対策できているか
  • ユーザー審査があるかを確認
  • 日本語対応しているサービスかを確認

Bright Dataは有人で監視しているので、ユーザーの不正アクセスや外部からの攻撃を把握し、すぐに対応できます。

ソフトやシステムだけでは防げないものも防げるようになるので安心です。

Bright Dataは、ユーザーの審査も行っています。

例えば、無料トライアルに申し込むには会社のWebサイトや事業内容などが求められます。

誰でも利用できるわけではなく、審査に合格した方のみ利用できるので、悪意のあるユーザーがいる可能性が低いです。

Bright Dataは、日本語に対応しています。

ダッシュボードも日本語で書かれているので、翻訳機能は必要ありません。

何か問題が起こった時も、日本人の担当者が対応してくれるので、安心して利用できます。

Bright Data(ブライトデータ)の安全性は?安心して使える理由を解説

2022年10月23日

ニーズに合わせて価格プランが選べる

あなたのニースに合ったプランが選べる

Bright Dataはニーズにあったプランを選べます。

公式ページによるとプランは以下の通りです。

EXPERIMENTINGSTARTERPRODUCTIONPLUS
月額制$300$500$1,000$3,000
年額制$270$450$900$2,700

年額制のプランは、長期で契約しようと考えている方にオススメです。

月額料金が$30〜$300(約3,500〜35,000円)も割引されるので、お得に利用できます。

他にも従量課金制のプランである「PAY AS YOU GO」もあります。

従量課金制とは利用量に応じて料金を支払うプランで、利用量が少なく、月額料金では払い過ぎになる方にオススメのプランです。

このように利用する量によって適切なプランを選べます。

利用するプランに迷ってる方は、以下の記事を読むのをオススメします。

料金について詳しく書かれているので、ぜひ参考にしてみてください。

【無料】Bright Data(ブライトデータ)の料金や割引情報を徹底解説

2022年10月23日

ボーナス・長期契約でお得に使える

ボーナスを利用したり長期契約を行うとお得!

Bright Dataは長期契約の10%割引だけではなく、ボーナスの付与があります。

例えば、登録時に$50(約5,800円)の付与があり、操作やサービス内容に満足いくかどうかを判断する機会にすると良いでしょう。

このようにお得に利用できるサービスもあるので、ぜひ利用してみてください。

Bright Data公式サイト

※ 無料トライアルで試す

「Bright Data」の利用者の職種例

おすすめの職種

Bright Datanの利用者で多いのは、主にスクレイピングが必要となる下記のような職種です。

Bright Dataのユースケース
  • EC
  • アドテク
  • 金融
  • 旅行
  • 不動産
  • コンサルティング
  • マーケティング

など…

EC業者は、日々の競合調査や利益率の高い商品を仕入れることが重要となるため、価格に関する情報の収集が欠かせません。

そのため、今後はスクレイピング技術により、情報収集する機会が増える可能性もあります。

マーケティング職は、さまざまな分野がありますが、自社の商品やサービスが売れる市場を探すことも業務の一つです。

近年では、ECサイトなど、インターネット上のビジネスが拡大しているため、スクレイピング技術が活躍します。

例えば、Twitterなど、SNSからスクレイピングを行うことで、ユーザーが本当に求めているものを見極めることができるかもしれません。

【まとめ】日本向けのプロキシサーバーは無料より有料が安全でオススメ!

Bright Data

プロキシサービスを選ぶ条件やオススメのサービスであるBright Dataについての情報などを解説しました。

おさらいとして、これまで解説したことを以下にまとめます。

この記事のまとめ
  • プロキシサーバーを使うと、読み込み速度やセキュリティが向上する
  • 無料プロキシサーバーはセキュリティが低かったり、個人情報を悪用される危険性がある
  • 安全なプロキシサーバーを利用するには、有人監視やユーザーの審査があるサービスを選ぶのがオススメ
  • 有料プロキシサーバーの中には、日本人スタッフが常駐しているものがあり、いざという時に心強い
  • 日本人にオススメなのはBright Dataで、セキュリティが高く、ニーズに合ったプランを選択できる

プロキシサービスを利用することにより、業務の効率やセキュリティを高めることができます。

昨今はインターネットを使ったビジネスが多くなり、情報漏洩のリスクが高まりつつあるので、セキュリティを万全にしておくことが重要です。

この記事でオススメしたBright Dataは法人を対象に7日間の無料トライアルを行っています。

プロキシサービスの利用を検討している方は、ぜひBright Dataの無料トライアルに申し込みましょう。

Bright Data公式サイト

※ 無料トライアルで試す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です