【必読】無料プロキシサーバーのおすすめ7選|速度や危険性は?

無料のプロキシサーバーは、使っても危険性はない?

数ある無料プロキシの速度や安全性について詳しく比較したい!

この中には、なるべくプロキシに予算をかけたくない人が多いのではないでしょうか。

プロキシとは

一言で言うならば、インターネット上のコンテンツに代理アクセスすることができるアクセス経由サーバー。多くの通信で匿名性を確保することができる。ビジネス用途ではスクレイピングなどのデータ収集、SNSなどの複数アカウント運用、特定サイトへの匿名アクセスなどプロキシの使い道は多岐にわたる。

今回は、無料で利用できるプロキシサーバーの一覧や利用する場合のリスクなどを解説します。

また日本発のプロキシについてはこちらで詳しく解説しているので、合わせて参考にしてみてください。

【一択】日本のプロキシサーバーでおすすめは?選び方を解説!

2022年7月21日

ビジネス用途でプロキシの利用を検討している際は、無料プロキシの危険性や注意点を必ず理解しておくようにしましょう。

結論
  • 無料のプロキシサーバーは多くの危険性があるためため、ビジネスでの利用は絶対推奨しない
  • 悪質な広告サイトへの誘導、セキュリティの脆弱性、サービスの継続性など様々なリスクがある
  • 一方、コードのテストや勉強のために無料プロキシサーバーは利用するといい
  • ビジネスで利用するプロキシサーバーは、セキュリティやサポートが手厚いサービスを選ぶのが良い
  • Bright Data(ブライトデータ)は、日本人の担当者がつくセキュリティの高いサービスで、有料プロキシサーバーの中では一番おすすめ!(無料のトライアルあり)
Bright Data
Bright Data公式サイト

※ 無料トライアルで試す

【重要】注意点
日本語が話せる日本人の担当者に確実につながるのはこのサイト経由の方のみです。それ以外は保証できませんのでご注意ください。

また担当者の方のご厚意で、無料トライアルで使える$50の入金ボーナスを用意してもらってるので、ぜひ使ってくださいね。

【一覧】無料で使えるプロキシサーバー7つ

無料で使えるプロキシサーバーを紹介

ここでは、無料で利用できるプロキシサービスについて、詳しく紹介します。

無料プロキシ一覧
  • 4everproxy
  • Hide My Ass!
  • ProxySite
  • CroxyProxy
  • hide.me
  • filterbypass.me
  • hidestar

結論から言うと、海外製の無料で使えるプロキシサービスは色々ありますが、基本的に無料のものはおすすめできません

詳しくは次章で解説しますが、無料プロキシを利用する際は、様々な危険性を考慮してリスクを許容する必要があります。

4everproxy

4everproxy

4everproxyは、無料で利用できるプロキシであり、Webプロキシやビデオプロキシ、VPNなどのサービスを提供しています。

特徴スピードが早いVPN接続に対応している
安全性プロキシサーバーとVPNサーバーごとにDNSサービスを提供
リンクhttps://www.4everproxy.com/

PCや電話機、ルーター、テレビなど、任意のデバイスで利用することが可能です。

また、使いやすさにこだわっており、セットアップなどを簡単に行うことができます。

4everproxyとは?プロキシの安全性や使い方を調査!

2022年10月10日

Hide My Ass!

Hide My Ass!は、無料で利用できるプロキシであり、290カ国以上で利用されているという実績があります。

特徴世界中のほとんどの国にサーバーがあるため、アクセスしやすい
安全性ランダムなIPシャッフルで接続元の特定を防ぐ
リンクhttps://www.hidemyass.com/

Hide My Ass!には、ライトニング接続やIPシャッフル、スピード テストなど、さまざまな機能が搭載されているという特徴があります。

また、VPNは、PCやスマホなどのデバイスに無制限でインストールし、複数のデバイスから同時接続可能です。

ProxySite

ProxySiteProxySiteは、無料で利用できるプロキシであり、高度な技術は不要で、マニュアルを確認すればすぐに始めることができます。

特徴ギガビットネットワークを利用して、Webページを高速で表示できる
安全性匿名ブラウジング機能でプライバシーを保護
リンクhttps://www.proxysite.com/

ProxySiteには、匿名ブラウジング機能が搭載されているため、個人情報をわからないようにして、アクセスすることが可能です。

また、どこからでも接続できるような仕組みを用意しており、人々のつながりを大切にしながら、世界中の情報にアクセスできるという特徴があります。

CroxyProxy

CroxyProxyは、無料で利用できるプロキシであり、ビデオホスティングや検索エンジン、ソーシャルネットワーク、電子メールなど、あらゆる種類のサイトをサポートしています。

特徴シンプルな機能で、簡単に始められる
安全性IPアドレスの非表示化や匿名のデータ転送をサポート
リンクhttps://www.croxyproxy.com/

CroxyProxyでは、設定は不要で、プロキシブラウザとして機能するため、すぐに使用することができます。

また、パーマリンク機能が搭載されているため、開いたサイトを他の人と共有することが可能です。

CroxyProxyとは?プロキシの安全性や使い方を解説!

2022年10月8日

hide.me

hide.me

hide.meは、無料で利用できるプロキシであり、高度な技術は不要で、マニュアルを確認すればすぐに始めることができます。

特徴ユーザーのオンラインプライバシー保護を主な目的としている
安全性IPアドレス流出保護や位置情報の匿名化
リンクhttps://hide.me/

hide.meでは、他社が提供していない機能を開発しており、安心して利用できるという特徴があります。

例えば、スプリットトンネリングやステルスガード、IPアドレス情報の漏洩保護、IPv6対応などがあります。

filterbypass.me

filterbypass.me

filterbypass.meは、無料で利用できるプロキシであり、アクセスしたいページのURLを貼り付け、サーバーを選択するだけで、使用できます。

特徴使いやすさを重視し、PC・タブレット・モバイルなど、さまざまな端末に対応している
安全性URLのAES-256GCMでの暗号化などをサポート
リンクhttps://www.filterbypass.me/

filterbypass.meでは、匿名性に重きをおいており、プライバシーを保護しながら、利用することが可能です。

また、URLの共有機能を使用すれば、プロキシページを他の人と共有できるURLを作成することができます。

そして、プロキシサービスを使用している間には、帯域幅や地理的制限の制限はありません。

hidestar

hidestar

hidestarは、無料で利用できるプロキシであり、ブラウザを開き、アクセスしたいWebサイトのURLを入力するだけで利用できます。

特徴シンプル・安全性・スピードを重視した設計になっている
安全性128bit暗号化でユーザーのプライバシー情報を保護
リンクhttps://hidester.com/proxy/

hidestarでは、アメリカとヨーロッパのプロキシサーバーを利用しており、高速でWebサイトのブロックを解除できるため、スムーズにプロキシサイトにアクセス可能です。

また、Webアクティビティは、128ビット暗号化で保護されているため、匿名性が担保されています。

【非推奨】無料のプロキシサーバーに潜む5つの危険性

なるべくコストをカットしたいから、無料のプロキシサーバーを使いたいと思う方がいらっしゃるでしょう。

しかし、それはオススメできません。

なぜなら、以下の5つの危険性があるからです。

無料プロキシサーバーが危険な点
  • 暗号化なし(HTTP通信)の危険性
  • 不正サイトに誘導される危険性
  • 個人情報が悪用される危険性
  • サービスが突然終了する危険性
  • マルウェアの危険性

それぞれ見ていきましょう。

暗号化なし(HTTP通信)の危険性

暗号化が行われない可能性がある

無料のプロキシサーバーはHTTP通信が利用されている可能性があります。

なぜなら、無料プロキシサーバーはHTTP通信を利用する方が情報を得やすいからです。

HTTP通信とHTTPS通信の違い

通信内容の暗号化がされているかされていないかの違いです。HTTPS通信は情報が暗号化されており、第三者が盗み見ても解読できないようになっています。

HTTP通信では利用者が入力した情報やブラウザのバージョンなどを見ることができ、無料プロキシサーバーの運営者が悪用する可能性があります。

すべての無料プロキシサーバーが行うとは言いませんが、その可能性があることは覚えておきましょう。

不正サイトに誘導される危険性

広告収入のために誘導される可能性あり

なぜ不正サイトに誘導するのかというと、広告収入を得るためです。

無料プロキシサーバーを運営しても、利益が出ず運営費ばかりかかります。

そのため、広告サイト(アダルトサイトを含む)にユーザーを誘導し、収入を得て運営している業者もいます。

個人情報が悪用される危険性

個人情報が売買される危険性がある

プロキシサーバーの中には膨大なデータが含まれています。

例えば、会社の機密事項やパスワード・メールアドレスなどが記録されているので、運営費を稼ぐために業者などにデータを売り渡す可能性があります。

データが他者に渡れば、機密情報から技術を盗んだり勧誘メールが増えるなどの被害を受けるでしょう。

そのため、無料プロキシサーバーを本格的なビジネスで利用するのはオススメしません。

サービスが突然終了する危険性

運営者の都合でサービスが突然終了する可能性

無料プロキシサーバーは突然終了する可能性もあります。

広告収入を利用して運営費を稼いでいるなら長期的に運営されるかもしれませんが、利益がないプロキシサーバーは継続して運営されない恐れがあります。

長期で利用したいと考えている方は、有料のプロキシサーバーを利用しましょう。

マルウェアの危険性

マルウェアに感染する可能性がある

2つ目に解説した危険性に関連することですが、誘導した広告・サイトにマルウェアが含まれている可能性もあります。

マルウェアの作成者は広告に悪意のあるプログラムを組み込んで、広告を表示したPCに感染させて情報を抜き取ります。

このような事態を防ぐためにも、無料プロキシサーバーを利用しないようにしましょう。

無料のプロキシサーバーを使うタイミングは?

接続テストや学習目的で利用すると良い

無料プロキシサーバーを使う場合は、以下のタイミングが良いでしょう。

利用するタイミング
  • 簡単な接続テスト
  • 学習目的

サービスの本番環境は無料プロキシサーバーではなく、有料のサービスを利用しましょう。

無料プロキシサービスでは、先ほど解説した5つの危険性があるので、顧客情報の流出やサービスの乗っ取りなどが起こる可能性があります。

そのため、本番で使うプロキシサーバーは有料かつ信用できるサービスを利用しましょう。

ビジネスで使うプロキシサーバーは無料・有料どちらを選ぶべき?

ビジネスで使うべきプロキシサーバーは有料のものを選びましょう。

ここからは、有料のプロキシサーバーを選ぶ理由やオススメのサービスを紹介します。

万全なセキュリティ対策には”有料”

有料のプロキシサーバーはセキュリティが高く安全

有料のプロキシサーバーは、セキュリティを高めるために以下の取り組みが行われています。

  • 有人で監視
  • 新規ユーザーの審査
  • SSLを常時利用など

ソフトウェアやシステムだけでもセキュリティを高めることができますが、全ての脅威を排除するのは難しいです。

そのため、人の目で確認することでよりセキュリティを高めることができます。

このように内外からセキュリティ対策がされているので、安心して利用できます。

サポートが手厚く安全性の高いプロキシサーバーは、Bright Data(ブライトデータ)

Bright Data

有料で安心して利用できるプロキシサーバーは「Bright Data」です。

詳細
会社名Bright Data
公式サイトhttps://brightdata.com/
業種インターネットパブリシング
企業規模201-500人
本部イスラエル テルアビブ

Bright Dataの保有するIPアドレスが多く、世界中のほとんどの都市のIPアドレスが利用可能です。

利用目的に応じてIPタイプを選択でき、利用量に応じて料金を払うことができます。

使えるプロキシの種類
  • Data Collector
  • Web Unlocker
  • Search Engine Crawler
  • Data Center Proxies
  • ISP Proxies
  • Rotating Residental Proxies
  • Mobile Residental Proxies

など …

またBright Dataは世界で利用されているサービスなので、様々な国の言語に対応していて、日本語にも対応しているので海外サービスを利用するのが不安な人でも安心です。

このサイトから登録すると必ず日本人の担当者がつくため、積極的に利用していきましょう。

最後に安全性ですが、以下の点で無料プロキシサーバーと比べて安全ということができます。

  • プロキシとの通信が常時SSL経由だから
  • 取り扱うデータ関連の法律に準拠している合法なサービスだから
  • 不正利用を監視する仕組みがあるから

上記の点について詳しく解説した記事を用意しましたので、特に安全性が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

Bright Data(ブライトデータ)の安全性は?安心して使える理由を解説

2022年10月23日

【まとめ】安全なプロキシサーバーを選ぶなら、有料のサービスにしよう!

Bright Data

無料プロキシサーバーを利用すべきでない理由やオススメのプロキシサーバーについて解説しました。

この記事のまとめ
  • 無料のプロキシサーバーはセキュリティ対策が万全でないことが多い
  • 収入を得るために広告サイトに誘導される可能性がある
  • テストや勉強のために無料プロキシサーバーを利用すると良い
  • 有料のプロキシサーバーは有人で監視しており、安全性が高い
  • 有料のプロキシサーバーの中でも日本人が扱いやすいBright Dataを利用するのがオススメ!

プロキシサーバーは企業の業務の効率化やセキュリティを高めるサービスです。

これらは費用をかけてでも安心・信頼できるサーバーを利用するようにしましょう。

先ほど紹介したBright Dataは法人向けに無料トライアルを行っています。

利用しようか迷っている方は、ぜひ利用してから本格的に導入するかどうかを決めましょう。

Bright Data公式サイト

※ 無料トライアルで試す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です